結婚式の招待状も大切な要因|雰囲気に合ったデザインを作ろう

ウェディング

相応しいデザインがある

式場

結婚式の招待状は、式場の提携業者に依頼すると手間がかからず、人気があります。招待状のデザインで人気なのは、シンプルでナチュラルな色合いで、コットンペーパーや和紙など、高級感のある紙を使用したものです。招待状の書き方にはルールがあり、返信ハガキを一緒に同封します。

readmore

ゲストが最初に触れるもの

新郎新婦

Wenbe

手の込んでいる生い立ちムービーはこちらにあります。結婚式の雰囲気づくりにも役立つので、多くの注目が寄せられています。

豊富なデザイン

結婚式の招待状といえば、ゲストが最初に結婚式について知るアイテムです。少し前までは上質な厚紙に「寿」と金印が押されているようなデザインが殆どでしたが、最近ではウェディング全体にオリジナリティを求める傾向があるので、招待状のデザインもバラエティ豊かなものになってきています。ネット通販が普及した今、多くのペーパーアイテム専門店がありますが見ているだけでも楽しいものです。人気どころは光沢のあるホワイトやパステルカラーなどですが、個性派には黒や赤などといった原色、神前結婚式なら和紙などを使った招待状なども良いですね。このように結婚式の雰囲気に合わせてもよし、季節に合わせてもよし、どんな結婚式なのかわくわくするような招待状も素敵です。

知っておくべきマナー

招待状を出す場合、色々気を付けたい注意点やマナーがあります。まず相手方の名前の間違いは大変失礼にあたるので、何度も確認し必要であれば親にも確認するくらい気を付けましょう。そして意外と盲点なのが招待状の重さです。招待状だけでなく会場の案内や返信用封筒なども入っていると結構な重さになります。そのため何も考えず82円切手を貼って送るのは非常に危険です。手間はかかりますが郵便局で量ってもらうと間違いありません。また投函日にも少し気をつけてみたいですね。現代社会で招待状の投函日の日柄を気にする人は非常に稀ですが、年配のゲストの中にはいないとも限りません。このように招待状一つにも、知らないでは済まされないマナーがたくさんあります。

二人らしさを発揮

ギフト

自分たちの結婚式で送る招待状は、パソコンのソフトを活用することで、自分たちで手作りすることができます。また、作成そのものを業者に依頼してもいいでしょう。プロの技術でクオリティの高い招待状を作ってくれます。

readmore

第一歩ですから重要です

ブライダル

結婚式を行うにあたり、まず行う事は招待状をゲストに渡す事です。招待状を渡すにもマナーがありますし、また折角ですからずっとゲストに持っていてもらえるような素敵な招待状を手作りで作成すれば、結婚式自体も素敵になること間違い無しです。

readmore